インプラントは抜けた歯の代用として利用出来るのです

インプラント治療は、抜歯などで歯が抜けた場所に、フィクスチャーと呼ばれる部品を骨の中に埋め込んで、土台を作り出す治療です。
抜けた歯と言うものは、再び生えて来る事は有りませんので、そのままにしておく事で、歯の下にある骨が衰退していく事になります。



これは、顎の骨の量が減ると言う事にも繋がりますので、骨格に変化をもたらせてしまうのです。

しかし、ここにフィクスチャーと呼ばれる部品を挿入する事で、そこにある骨はフィクスチャーと結合をして、骨の一部分になります。



そのため、抜けた歯の代用品として存在させる事が出来るのです。

また、フィクスチャーと骨が結合する事で、噛む力と言うものを骨に伝え、骨が力を吸収してくれる効果を作り出してくれます。これは自然の歯で得られる効果であり、インプラント治療を行う事で、自然に生えている歯と同じ様な機能を取り戻す事が出来ると言うメリットがあるのです。


失った部分を補う方法として、部分入れ歯などの方法があります。



部分入れ歯と言うものは、ブリッジを行うため、抜けた部分の歯の両側にある歯を削り、ブリッジをさせるための場所を作る必要があります。
健康な歯を削ると言う事は、その歯が虫歯になるリスクがあるのです。

しかし、インプラント治療と言うのは、あくまでも抜けた部分にフィクスチャーと呼ばれる部品を使って土台を作り出す治療となりますので、健康な歯を削る必要が無く、しかも噛む力を蘇らせ、骨の衰退を防げると言うメリットがあるのです。