過払い請求をしたときの信用情報の取扱い

過払い請求をすると、信用情報に傷がつき、クレジットカードや住宅ローンの審査にひっかかるのでは?という心配の声をよく聞きます。
しかし実際には、信用情報に傷が付くことはありません。

ですから、これを心配して行動を起こしていない方は、損をしているかもしれません。

実は、過払い請求がまだよく知られておらず下火だったころ、貸金業者もこの取扱いに統一した見解がなく、実際に過払い請求をしたことで「債務整理」と記載がされた時代がありました。
しかしそもそも過払い請求とは、払い過ぎている利息、つまり元々自分のお金の返還を請求しているということなので、それによって信用情報が傷つくのはおかしいだろうということで、信用情報には載せないということで現在は統一されています。

資格の留学の口コミ情報を掲載しています。

しかしここで、「過払い請求」と「債務整理」の違いを理解しておく必要があります。

前者は、法律で定められた上限の利息に計算しなおした際に、返済しすぎてしまっている場合を指します。
後者は、計算しなおして、債務は減ったけれど、まだ返済すべき残高が残っている場合を指します。
ですから、今現在貸金業者と取引が継続している方の場合は、実際に取引履歴を取り寄せて、計算しなおしてみないと、どちらになるのかわからないということなのです。


その結果、債務が減ったもののまだ少しでも残っている場合には、信用情報に記載されてしまいます。

計算するまで確かなことはわからないものの、債務整理に詳しい専門家であれば、現在の残高や取引期間、覚えている利率などから、どちらの可能性が高いか、ある程度予想することは可能です。



逆に、既に完済されている取引の場合はそのような心配がいりませんので、是非計算し直してみることをおすすめします。